>  >  > 

専門店へ

春夏新作

富士山が形成された過程を数回にわたってご紹介します。

引用は山梨県環境科学研究所発行の

「日本一の火山 富士山」 荒巻重雄 太田美代 P49

http://www.yies.pref.yamanashi.jp/fujikazan/fujikazan.htm

なお

財布/バッグは全商品ポイント3%還元欲しい商品を賢く購入/送料無料も多数。 専門店へ


2018-01-19
、facebookのほうにも英語訳をつけて投稿しています。

========================================
「富士山の生い立ち その2・小御岳火山(こみたけかざん)」
先小御岳火山(→12月21日の投稿)を覆っている小御岳火山は
おそらく20数万年前から10数万年前に主要な活動をしていたと考えられています。

山中湖あたりから富士山を見たとき、富士山北斜面の中腹(富士山の右)に
肩のように張り出した部分がありますが、それが小御岳火山のほぼ山頂部で、
スバルライン終点の駐車場は、小御岳火山の山体が富士山本体の横腹に
頭を出している平坦部に作られています。

山体の最高点は2500mで、直径約1.5kmの馬蹄形の山頂火口があり、

,春夏新作,
,春夏新作,
,春夏新作,
,春夏新作,
,春夏新作,
,春夏新作,
,春夏新作,
,春夏新作,
,春夏新作,
,春夏新作,

小御岳神社も火口の一部に作られています。

小御岳火山は溶岩流を主体とする噴出物で出来ていて、
溶岩の質は玄武岩質の安山岩です。
土壌層に時間間隔を示す堆積物のないことから見て
比較的短時間の間にできた火山だと思われます。

また小御岳と先小御岳の間には風化した火山灰層が認められるので、
先小御岳火山が噴火をやめてから、小御岳火山が噴火を始めるまでに
火山活動の休止期があったと推測されます。

富士ビジターセンター (2013年12月23日 12:43) | 記事URL

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

やまなしの魅力を全力で紹介する「やまなし物語」は、観光4ブログを統合し新たにスタートしました。
過去の記事は、下記バナーからご覧ください。

検索
プロフィール

私たち地元人が、山梨の魅力をお届けします。

最近の記事
カテゴリーリスト
リンク集
公益社団法人やまなし観光推進機構 〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-8-17 電話番号:055-231-2722 ファックス番号:055-221-3040

Copyright © All Rights Reserved.(C)2009 Yamanashi Tourism Organization All rights reserved.

{yahoojp} {yamanashi-kankou.jp} myp12-gui-1720